華やかな熱狂とワクワクを届けたアイドル諜報機関LEVEL7。4周年記念ワンマン公演を開催! | diddle idol

華やかな熱狂とワクワクを届けたアイドル諜報機関LEVEL7。4周年記念ワンマン公演を開催!

LEVEL 7 とは「諜報機関の最高機密情報」を意味する言葉。彼女たちは、「女優やグラビアアイドルに扮装し、ドラマや映画、バラエティなど様々な芸能活動、その他諸々の現場に潜入」。「LIVE ではファンの皆様をBOSSと呼び、潜入して得た情報を報告」する。それが、「女スパイをコンセプトとした5人組のアイドルユニットの”アイドル諜報機関LEVEL7″に課せられたミッションだ。メンバーは、それぞれがコードネームで呼ばれている。名前とコードネームは、以下の通り。

佐々木麻里/コードネームは「まりまーり」。
璃乃/コードネームは「おしりーの」。
安永光希/コードネームは「ヤンミィ」。
高橋友里/コードネームは「くるむ」。
嶺井小雪/コードネームは「こゆきら」。

アイドル諜報機関LEVEL7は、「4周年記念4thワンマンライブ」を3月29日(木)に渋谷WWWXで行った。その日の模様を、ここに紹介したい。

すでに気持ちは最上級のエクスタシーの中へ溺れそうだ。

MISSION STARTの合図と同時に流れだした、重厚なSE。今回のミッションはかなりレベルが高そうだ。メンバーらの登場と同時にフロアー中からあふれ出る歓声。5人のスパイたちが舞台へ居並ぶと同時に、アイドル諜報機関LEVEL7のライブは『Taboo』からスタート。5人はクールかつセクシーに、挑発的な楽曲の上で、妖しく激しく身を揺らしせまってきた。人を魅了するレベルゲージを次第に上げてゆくメンバーたち。フロアーに詰めかけたファンたちのレベルゲージは、早くもMAXへ達しそうな勢いだ。「恋のTABOOはLEVEL 7」なら、このコンタクトの興奮指数はLEVEL MAXだっ!!!!!

躍動するビートの上で、激しいギターサウンドが炸裂。悩殺するような魅惑の視線と甘い声を上げ、彼女たちは観客たちを熱狂の虜にする罠を仕掛けてきた。『ストロベリートラップ』に触れたとたん、興奮指数が絶頂目指して駆け上がりだした。可愛く、でもセクシーにせまる。それって、とても罪な嬉しさだ。彼女たちの甘い香りに誘われたんだもの、もっともっと罠に落ちていきたい。

クールな中から見える甘い誘惑へ心がメロメロにとろけそう、『キケン℃LEVEL7』で魅せた妖しい香りへゾクゾクしっぱなし。その挑発に煽られ、フロアー中から沸き上がる絶叫と無数の拳。メンバーに負けじと、誰もが声を張り上げてゆく。なんて嬉しい危険度の高いスパイたちだ。その挑発に心が支配されない奴のほうがおかしいぞ。

熱狂をさらに恍惚へ導くように、エレクトロでトランシーな『ShinyBeat』が飛び出した。フロアー中を支配する絶叫、甘い誘いを仕掛ける5人の妖しいオーラにずっと包まれていたかった。ステージを目一杯使い、ダイナミックでパワフルなステージングを描きだす5人。最上級のエクスタシーの中へ溺れそうだ。

僕らは、ただただ彼女たちの奴隷となり、その誘惑へ溺れるだけ。

「今日はアイドル諜報機関LEVEL7を大好きにさせちゃうけど、いいですか」(まりまーり)。「今日はみんなを一晩中余韻に浸らせるくらいに楽しませます」(こゆきら)などの声を受け、ライブは次のブロックへ。

「今回のワンマンは攻めのセトリ」の言葉を証明するように、唸りを上げて飛び出したのが、最上級の熱狂を巻き起こす『最上級アドベンチャー』。凛々しい声を魅力に、フロア中の人たちを燃え盛る興奮の渦の中へグイグイ巻き込みだした。なんて、挑戦的なスタイルだ。その女豹のような仕種が、彼女たちにはとても似合うライブのユニフォーム。フロアー中から響き渡る野太い声。その雄叫びさえ彼女たちは飲み込み、挑発するように投げ返していた。

『ロングアトラクション』を通しチャーミングな魅力を振りまきながら、その中へ妖艶な香りを忍ばせ、彼女たちは観客たちのハートを射抜いてゆく。それまでの力強さとは裏腹に、優しい声の表情だ。でも、その中へ艶めきを覚えるからこそ、5人の優しい誘惑に引き込まれてゆく。フロアー中に響くエレクトロなビートに身を委ねながら、5人の一体化した誘惑に堕ちていきたかった。

触れたとたん、その甘さに意識が蕩けそうだった。ジャジーで妖艶な楽曲の上で、妖しく歌う彼女たち。秘密の蜜の味は、とても甘くてとろけそうだ。『シークレット・ハニー』を通し彼女たちは、触れてはいけない扉を開き、その先の甘美な世界へ誘い込む。僕らは、ただただ彼女たちの奴隷となり、その誘惑へ溺れるのみ。その甘い刺激に、誰もが興奮の雄叫びを上げていた。彼女たちの妖しい動きから、ずっとずっと目を離せずにいた。

止まることなく、アイドル諜報機関LEVEL7は『たとえ世界が終わっても…』を歌唱。その歌は、確かな意思を持ってフロアー中に響いていた。強いメッセージが、気持ちを奮い立たせる。一緒に光をつかもうと、彼女たちはファンたちを明日へと連れてゆく。たとえ世界か滅びようとも、アイドル諜報機関LEVEL7と一緒なら、僕らは未来を信じられる。そんな強い絆を、彼女たちは示してくれた。

激しいダンスビートが炸裂。一人一人が歌うたび、会場中の人たちが、喉が枯れそうなほどの絶叫をメンバーたちへぶつけていた。『グッバイ! !愛言葉』。切ない失恋歌ながら、楽曲自体がとても感情的で刺激にあふれている。その切なさを胸に抱きながらも、僕らは、5人と一緒に熱狂の中で絶頂を覚えたかった。

メンバーがメンバーに悪戯を仕掛けてゆく。その結果は…。

動画コーナーでは、メンバーどうしがいたずらをし掛け合っていた。まりまーりがワサビ入りのお寿司を食べて人格が変われば、レモン汁をミネラルウォーターに入れられたこゆきらが、そのすっぱさに涙する場面も。顔面ケーキを食らい、絶叫するおしりーの。でも「美味い」と食べてしまうところがおしりーのらしさ。顔面サランラップを仕掛けていることへ気づきつつも、あえて餌食になったくるむ。ヤンミィはタイミングを逃したことから、サービス動画をプレゼント。その後、新曲を披露することを告知した。

前半部に大人の色気を振りまいたアイドル諜報機関LEVEL7だったが、後半のステージには、彼女たちのチャーミングな魅力を次々投影してきた。

後半のステージは、アイドル諜報機関LEVEL7の新曲『さよならは言わない』から、スタート。新衣装に着替えたメンバーたちへフロアー中から飛び交った「可愛い」の言葉。新曲の『さよならは言わない』が、触れた人たちの気持ちをどんどん明るく開放してゆく、とても爽やかな楽曲だ。自分たちの歩む道の中へ、君という存在を大切に感じてゆく。まさに、ファンたちと一緒にがむしゃらに走り続けるアイドル諜報機関LEVEL7の等身大な想いをダイレクトに投影した楽曲だ。

その歌に、心を開放する晴れ晴れとした想いを感じたのは、彼女たち自身が、明日の風景をしっかりと見ているから?!。アイドル諜報機関LEVEL7の中へ、一緒に明日へ手を繋ぎ進んでいける歌が新しく加わった。

弾けるように気持ちを届けたのが、『MyDear』。とても明るい、超ポジティブな想いを持った歌だ。前半部に大人の色気を振りまいたアイドル諜報機関LEVEL7だったが、後半のステージには、彼女たちのチャーミングな魅力を次々投影。ポップに弾けた歌に触れてる間、ずっと心がドキドキときめいていた。メンバーと一緒に右へ左へモッシュしながら、ハッピーな熱狂と興奮を分かち合っていた。ホント、君たちのことが大好きだよ。

高鳴る胸のドキドキを明るく解き放つように歌ったのが、『追跡☆初恋フレイバー』。可愛い乙女な仕種と、どこか甘えた雰囲気で、熱狂をおねだりしてゆく彼女たち。女の子らしいチャーミングさに、僕らはドキドキを抑えられなかった。これって、初恋のときと同じ、胸に疼く気持ちをたくさん抱え込んだときのよう。観客たちは、その想いを絶叫に変え舞台上の5人に届けていたけどね。

飛び出したのが、タオルナンバーの『※PASSION!』。この日はワンマン公演のスペシャルバージョンとして、メンバーとファンたちとのコールを逆にして披露。メンバーが一人一人歌うたびに起きる絶叫のようなメンバーコール。とても情熱的な楽曲だ。サビでは、メンバーもファンたちも全力でタオルを振りまわし、ともに情熱を燃え滾らせていた。一緒に絶頂の中へ飛び込んでいけ。ときめいた気持ちは、何時しか絶叫に変わっていた。

間奏では、メンバーも観客たちも巨大なサークルを描きながら、メンバーそれぞれが「大好きだよー」(くるむ)「また、いちゃいちゃしようね」(まりまーり)「BOSS(ファン)はこゆのアモーレだよ」(こゆきら)「みんな愛してるよ」(ヤンミィ)「はっ、ぜんぜん好きじゃないし」(おしりーの)と言葉を返していた。

4周年を迎えての想いを、メンバー一人一人が語る。

新曲は、等身大なアイドル諜報機関LEVEL7を投影した楽曲。新衣装はドレッシーな、BOSS(ファン)たちのハートをギュッとさせる姿であることを、まりまーりが伝えてくれた。そのうえで、4周年に向けてのコメントをそれぞれが語りだした

「アイドル諜報機関LEVEL7も4年絶ちましたが、BOSSにはたくさんの素敵な景色を見せていただいてて本当に感謝でいっぱいです。これからも、わたしの存在をBOSSが証明してくれる限り、ここがわたしの居場所なので、ここに立ち続けたいと思っていますし、こゆきらでいさせてください」(こゆきら)

「これからも頑張ります。よろしくお願いします」(くるむ)

「私たちアイドル諜報機関LEVEL7は、無事4歳になりました。4年続けられたのもBOSSのみなさんのおかげだと思います。5年目は節目の年になると思うんですけど、4年一緒にいて、なんか、みんなのことが誇らしいんです。大好きなメンバーと、大好きなBOSSのみなさんと一緒に、5年目もともに歩いていきたいなと思います」(ヤンミィ)

「わたし、去年のワンマンの頃よりも成長したのが、セットリストを忘れなくなったこと。今日は悔いが残らないように、今日のライブは一回しかないから、一分一秒を大切にしていきたいので盛り上がっていきましょう」(おしりーの)

「4周年記念のワンマン公演、一人一人がいなかったら今の景色を見れなかったし、本当に一人一人へ感謝の気持ちを伝えたいです。4年目も周年ワンマンをさせていただけて嬉しいんですけど。4年間活動してきた中、この1年間がアイドル諜報機関LEVEL7にとって一番おっきな壁にぶつかったし、悔しい思いをたくさんしたし、いろいろ絶えてきたし、いろいろと大変だった年でした。個人的には、喉の手術を受け、長く休んでいる間、アイドルとして帰ってきていいのかなと悩んだこともあったけど、BOSSのみんなからの待っててくれてる声が届いてたし、メンバーも帰ってきたわたしをとても必要としていたことがすごく嬉しくて。この一年間は、アイドル諜報機関LEVEL7のリーダーまりまーりとしての存在の意味を強く実感していました。

同じ時期にデビューしたアイドルさんたちか減っていく中、わたしは、今、こうやって生きているアイドル諜報機関LEVEL7という場所は絶対に手離したくないし、まだまだBOSSと一緒にいたいし、いろんな景色を見たいし、まだまだ続けたいし頑張りたいので、ついてきてくれますか。この5人のメンバー、個性的過ぎて、なんだあいつらはと思うこともあるかも知れませんけど。これからも、温かい目で愛してくれると嬉しいです。これからも一緒に一歩ずつ前へ進んでください。これからも愛してください」(まりまーり)

ともに輝く眩しい青春の中で生きてたい。

最後のブロックでアイドル諜報機関LEVEL7は、まだ見ぬ世界を目指し、翼を広げ飛び立とうと、荒れ狂う激しい表情を魅力にした『NonStopGirls!』をぶつけてきた。彼女たちは秘めた情熱を歌に乗せ開放するように、心の翼をはためかせ青空へ向かって飛び立つよう、凛々しく、力強く想いをぶつけていた。5人の熱意に煽られ大声を上げる観客たち。この歌は、未来へ向って羽ばたく勇気の翼をくれる。何より、一緒に飛ぼうよと力強く手を差し伸べてゆく。「限界を越えていきましょう」のメンバーの煽り通り、会場中の人たちが身体を大きく揺らし、熱狂へ身を委ねていた。

勢いを背負ったまま楽曲は『弾丸ガール』へ。ガンガンに昂る感情。誰もが、ほとばしる情熱をがむしゃらにぶつけてゆく。ともに、限界を越える熱狂と興奮を求めあっていた。凛々しく力強く、熱情した歌をぶつけるメンバーたち。この熱は、もはや誰も止められない。このままともに駆け上がっていこうじゃない!!!!!

本編最後を飾ったのが、会場中を熱狂の声で一つに塗り上げた『Bravery』。胸をスカッと爽やかに抱きしめてゆく楽曲だ。何より、輝きに満ちた歌声が、僕らの心にも眩しい光を降り注いでゆく。彼女たちの歌に合わせ、場内から沸き起こったコール。一緒に眩しい世界の中で、素敵な夢を見てみたい。これからも、この歌を胸にずっと走り続けたい。一緒にこの景色の中に溺れていたい、ともに輝く眩しい青春の中で生きてたい。

最後に流れた、ファンたちへのメッセージを記した動画。そこには、メンバー一人一人の直筆の想いが綴られていた。何を書いていたかって?!、それは会場に足を運んだ人たちだけの特典だよ。

最新シングル『Taboo』を、5月29日に3-TYPE発売。

アンコールは、アイドル諜報機関LEVEL7のライブに熱狂を描く超アゲな新曲の『気まぐれロジック』からスタート。会場中に飛び交うカラフルなバルーン。メンバーたちも、テンションをガンガン上げてゆく楽曲に合わせ、一緒に気持ちをアゲながらはしゃいでいた。舞台の上を右へ左へ駆けながら祭り上がる5人。超テンション上げ上げなハッピーダンスチューンに合わせ、観客たちも大騒ぎ。このはちゃめちゃな楽しさ、これからのライブでも、場内に熱した風景を作り続けてゆくに違いない。

ここで新しい発表が。最新シングル『Taboo』を、5月29日に3-TYPE発売する。ここには、この日披露した新曲2曲も収録になる。 これは、楽しみだ。

最後に、アイドル諜報機関LEVEL7は『Flower』をプレゼント。とても華やかで、愛しくて、何より、彼女たちの暖かい想いと熱狂がダイレクトに伝わる楽曲だ。想いをたっぷり降り注ぐように歌う5人。美しく咲き乱れる花のように誰からも愛される5人だからこそ、僕らは、彼女たちの想いを熱した叫びで抱きしめたかった。優しく笑みを浮かべ告白するように歌いかける彼女たちへ、熱狂の声を差し伸べ、しっかり心で握手を交わしていたかった。

最後の最後まで、華やかな熱狂とワクワクを届けたアイドル諜報機関LEVEL7。5人のスパイは、またも僕らのハートをがっつり盗んでしまったようだ。でもね、彼女たちのハートをしっかり奪えたのも、BOSSたちだからさ。その関係が素敵じゃない!!!!!

最後にBOSSたちからの花束を受けとった5人。「幸せだったね」(まりまーり)「10年先もアイドルやってたいよ」(おしりーの)と口走った言葉こぞ、本音の告白にも聞こえていた。

PHOTO:
TEXT:長澤智典

 

【リリース情報】
2018年5月29日(火)発売
ニューシングル『Taboo』

4月より予約開始!!

価格:各¥1,000(税込)
発売元:R-Village MUSIC
販売元:TOWER RECORDS

【Type-A】
『Taboo』
『Bravery』
『弾丸ガール』

【Type-B】
『Taboo』
『キケン℃LEVEL7』
『シークレット・ハニー』

【Type-C】
『Taboo』『さよならは言わない』
『気まぐれロジック』

アイドル諜報機関LEVEL7 twitter
https://twitter.com/level7_koshiki

アイドル諜報機関LEVEL7 Blog
https://ameblo.jp/level7777777/message-board.html

まりまーり twitter
https://twitter.com/marisasaki000

おしりーの twitter
https://twitter.com/624Ritan

こゆきら twitter
https://twitter.com/koyuki_mni

くるむ twitter
https://twitter.com/yuuri0506

ヤンミィ twitter
https://twitter.com/mik_yas